ブログのお引越しのお知らせ

  • comment:0
  • | trackback:0

前回の投稿からすでに半年以上経っており、大変申し訳有りません。
ようやく再開の目処が立ち、今日から通常営業に入りたいと思います。

...が、いきなりゴメンナサイ。
本日限りで「QTVR Diary」を終了し、お引越しをさせていただきます。

お引越し先は、以下のサイトです。

screen.png

パノラマニア,ダイアリー - 国内外の最新のパノラマ情報をほぼ毎日配信します
http://panoramania.co.jp/diary/

既にQTVRDiaryの記事は全て移してあります。
ブログシステムもMovableTypePro 5.0.2から6.0.3になり、
とてもスッキリしました。
読み込みも若干速くなったんじゃないかな?と思います。どうかな?
RSSを利用してる方も、ぜひ新しいブログのチェックをお願いしたいです。


思い出してみると、QTVR Diaryを始めたのは、2005年2月28日。
(記事は既になくなっていて、公式には3月1日になってますが)
このブログを始めたのは、当時フリーランスのWebデザイナーをしていた時にちょうどブログブームが到来しそうになっていて、技術習得のためにCMSとしてのMovableTypeを勉強し始めていました。そしてブログシステムを営業的に売り込む時に、どのようにしたらアクセスUPするとか、効率良い更新方法の提案とか、そういう諸々の経験値を積むために、実際に自分でブログを運営した方が良いかなと思ったのが発端でした。
(1997〜99年に発信してた和紙のWebマガジン『紙蔵""かゞみ』の再開に向けたリハビリ、というのが真の目的でもあるんです...今でも、ネ)

あの頃はPanoramas.dkのおかげで、フルスクリーンQTVRが少しだけブームになって、ボクも負けてられないと思い、機材を揃え直して勉強をバリバリしたものでした。
1997年にFlashパノラマが出て、iPhoneが出てFlashが使われなくなって、代わりにHTML5が台頭してきて、さらにこの2年で急激に進歩したパノラマ動画(ボクはパノラマVRに対する用語として「モーションVR」と名付けたのもこのブログでした)についていったら、OculusRiftを含むHMD(Head Mount Display)のブームから事業展開が完全に写真から映像に移っていった感があります。

2009年には一身上の都合でWeb屋を廃業し療養期間に入りました。その後は全くの無収入でしたが、少しだけ回復の気配が見えたので、ECサイト「パノラマニア,ストア」を開設し、少しだけ収入を得るようになってきましたが、同時に撮影の仕事も少しずつ増えてきて、オーサリングの仕事も少しずつ増えてきて...あれ?これ、事業化できる?って思ったワケです。

そんなこの9年間をパノラマ漬けで駆け抜けた二宮ですが、昨年の7月1日に「株式会社パノラマニア」を設立し、本格的にパノラマ専業プロダクションとして事業を展開して、今に至ります。

このブログも、そのパノラマニアの中のコンテンツの一つとして展開していきます。

株式会社パノラマニアのモットーは「パノラマを必要とする全てのひとのために」です。
楽しみたい人にも、作りたい人にも、お金儲けしたい人にも、みんなに役立てられるように邁進したいと思っています。

今後とも、「Panoramania, DIARY」と二宮を、引き続き宜しくお願い申し上げます。


...ってかさ、ブログ"だけ"は開設したけど、他のページはまだ準備中なんよね。何やってんねやろ、ヲレ?(泣)

コメントを投稿する ≫

日本唯一のパノラマ画像/VRムービーに関する企画・制作から、セミナー、ソリューション開発・販売に至る、あらゆる業務を行っています。

» パノラマの知名度は今や一般大衆レベルです。

近年パノラマコンテンツは、Googleストリートビューに代表される地図の付加情報としてのパノラマVRムービーの台頭で非常に注目を浴びていますが、その表現力はそれだけに留まらず、多方面で利用されるパノラマヴァーチャルツアーコンテンツ、ギガピクセルクラスの超高解像度パノラマコンテンツ、さらには、360°全方位パノラマ動画が、ライブ配信されるまでになっています。

» 他社を圧倒する経験値が皆様をサポートします。

このような、あらゆるパノラマコンテンツを総合的にプロデュース出来るのは、15年来培ってきたパノラマ制作のノウハウと、2005年から発信してきた「QTVR Diary」での情報の蓄積の賜物です。

» 常に業界をリードし続けます。

世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログ「QTVR Diary」の知名度は、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴びています。国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、いち早くパノラマ業界の専門情報をお届けしています。

» 新しいソリューションを常に開拓し続けます。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、日々研鑽を重ね、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、努力してまいります。

<サイト内リンク>

<姉妹サイト>

<連絡先>

design studio "PENCIL" 二宮 章
〒602-8233
京都府京都市上京区
 葭屋町通中立売上ル福大明神町128
 京都リサーチパーク町家スタジオ内
075-417-3062 (office)
075-417-3063 (fax)
080-3832-2352 (iphone)
ninomiya@pencil-jp.net